News

New Brand EarProfit

New Brand EarProfit

■■■2022年8月23日販売開始予定■■■  EarTouchが進化してEarProfitになります。=Earprofitの改善点=・中心芯材が一体成形化・軟質化して強度が大幅UP・芯材の耐久性がUP・洗濯機を用いて洗濯が可能 ■■■■■■■■■■■■                                  @特徴【EarProfit(イヤープロフィット) とは?】EarProfit(イヤープロフィット)は、一般の方々はもちろん、世界中のエンジニア・eスポーツ選手などのプロの方々にもご利用頂けるようにリネームされたブランド名です。▶multiモデルの進化  EarProfitの multi モデルについては、芯材を一体成型化  させた事で、耐久性を大幅にUPさせる事ができました。▶コンセプトは前モデルを踏襲(とうしゅう) ①国産で、ヘッドホンの音質を極力変えずにイヤーパッドの  肌触りを快適にします。 ②TeamEのご要望で進化し続けます。(TeamE=ユーザー)▶スポーツウェアと同じ生地を採用  吸汗速乾性によるさらさら感と、特殊繊維による高い消臭機能  で、長時間のヘッドセットでも快適にお過ごしいただけます。▶限られたマイスターによる少量生産  国内の数ある縫製工場でも、限られたマイスターしか施せない  高度な縫製技術を導入しており、質を重視した ものづくりで  皆様に快適をお届け致します。【生地はトリノクール※でとても気持ちいい! 】(※東レの登録商標です)特徴①高い伸縮性(3D方向に自在に伸縮)特徴②吸汗速乾性特徴③高い消臭機能(消臭繊維使用)特徴④洗濯可能(★改善点)特徴⑤国産製特徴⑥滑止機能【パッドだけをカバーできる設計】特徴①開口部をふさがない特徴②音質を阻害しない※特許申請済・意匠取得:同類品にご注意ください。【だから】・いつも快適サラサラでムレベタつきがなくなった!・手洗いできていつも清潔にできる!・音質を重視する人でも安心!・様々なヘッドホンに対応可能で楽しい!・最初の内部センサーを邪魔しないカバー!・ムレベタつきを気にせずGAMEに没入できる!・化粧やヘアワックスがパッドに付かないので、ヘッドホンを清潔に保てる!  
続きを読む
SONY WH-1000XM5 適合について

SONY WH-1000XM5 適合について

1.第5世代はどう変わった?    今回の深化で第5世代となるWH-1000Xシリーズですが、どのように変化したのでしょうか。  「新世代」の静けさで 音楽は深化する。業界最高クラスノイキャン(*1)に、ハイレゾ高音質(*2) *1 ヘッドバンド型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において、2022年1月1日時点。ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る*2 ハイレゾコンテンツをLDACコーデックで最大転送速度990kbpsで伝送する場合。「Headphones Connect」アプリから操作が必要です   1000Xシリーズ史上最大の進化を遂げた業界最高クラス(*)のノイズキャンセリング性能 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1のポテンシャルを、統合プロセッサーV1を組み合わせることにより最大限に発揮。8個のマイク信号を巧みに制御することが可能になり、今までにないレベルのノイズキャンセリング性能を実現しています。さらにノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて自動で最適化する「オートNCオプティマイザー」により、常に理想的なノイズキャンセリング効果を自動的に提供します。   専用設計30mmドライバーユニットとWalkman(R)技術の活用が織りなす比類なき高音質 専用設計30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現しています。さらにはWalkman(R)で培った高音質化技術をヘッドホンに最適化、S/N感の向上による微細音の再現、広がりや定位感の向上を実現し更なる高音質に。   AIで進化した高精度ボイスピックアップテクノロジーによる業界最高クラス(*)の通話品質 左右4つのマイクを用いたビームフォーミング技術とAIにより、騒音下でも正確かつクリアな通話品質を実現します。   刷新された本体デザインと長時間身に着けても疲れにくい快適な装着性 第5世代にて大きく本体デザインを刷新。さらにはイヤーパッドには通常の合皮に比べて、柔らかく装着時の安定性に優れたソフトフィットレザーを採用。頭部の形状に柔軟に追従することで締め付け感は少ないながらも、高い遮音性と快適な装着性を実現。   充実したスマート性能と、日常の使い勝手のいい豊富な基本性能 「スピーク・トゥ・チャット」機能や「アダプディブサウンドコントロール」機能など、シーンに合わせた最適なリスニング環境を自動で実現するスマートな機能を多数搭載。加えてノイズキャンセリングON時で最長30時間(*1)、OFF時で最長40時間(*1)音楽再生可能なロングバッテリーライフ、さらには3分充電で約3時間再生可能なUSB PD充電(*2)にも対応しています。折りたたみ可能なキャリングケース付属で持ち運びも便利です。   参照:SONY公式ホームページから   2.気になる適合サイズは?  発表当日実機の概略測定を実施いたしましたので、その数値を以下に速報としてお伝えしたいと思います。XM4と比較してハウジングまわりの大きなサイズ変化はありませんでしたが、パッド形状が楕円から少し大きめの俵型の楕円に変化しておりました。このパッドへのヘッドホンカバー・イヤーパッドカバーとしてEarTouchは最適な選択になると思います。...
続きを読む
グランツーリスモ eSPORTS選手 × EarTouch

グランツーリスモ eSPORTS選手 × EarTouch

1. グランツーリスモSPORTとは    私は昔からグランツーリスモというドライビングシュミレーターが好きで専用コントローラーを買ってやり込むほどのファンである。最近になって新しいスポーツカテゴリーとして登場したeSPORTSに、グランツーリスモが様々なゲームを代表するコンテンツとして成長し、今や世界中の選手が集まって世界大会が行われるほどまでに昇華しているのはご存知だろうか。  2018年から「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ」の「ネイションズカップ」、そして「マニュファクチャラーシリーズ」の世界チャンピオンを決めるこの大会は、世界各国から最速と謳われるトップドライバーたちが集結し、年間を通じてチャンピオン獲得のため競技が行われている。  また、国際自動車連盟(FIA)は、2021年4月26日、国際オリンピック委員会(IOC)との協業による、世界で初めての「オリンピック・バーチャルシリーズ モータースポーツイベント」の開催を発表し、野球・サイクリング・漕艇・セーリング・モータースポーツの5つの競技が公式種目となった。その中のモータースポーツ競技として『グランツーリスモSPORT』が採用された。  そんな『グランツーリスモSPORT』のプレイユーザー数は約900万人。その内競技人口は数十万人と言われており、eSPORTSタイトルとしてはFortniteとApex Legendsに次いで3位に位置するほど多くの競技人口に支えられている。  今回、その数十万人の中の一握りである世界的プレイヤーである2人とコンタクトを取り、EarTouchについてプロ目線で厳しく評価していただく事ができたため、皆さんに紹介させて頂く。   2. 二人の世界eSPORTS選手    ここに至る経緯は、2019年にさかのぼる。  ある二人の世界的eSPORTS選手にEarTouchを是非使ってもらいたいとの思いで、準備を進めていた。そして両選手とコンタクトがとれたため、正式販売前のEarTouchを試して頂くために、ヘッドホンのイヤーパッド部分だけをカバーできる商品の開発経緯や効果をお伝えして、練習やレース本番、普段のヘッドセットなどで利用して頂き、開発につなげるためにデメリットを含めた率直な意見が欲しい旨お願いした。その二人の選手とは、菅原 達也 選手と山中 智瑛 選手である。二人とも「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ」に参戦しているトップドライバーである。      そもそも無名の怪しいブランドEarTouchが世界で活躍される選手にお願いして引き受けてもらえる確率は、おそらく1%もあるか無いか程度だと考えていた。ところが、非常に寛大な二人の選手はとてもこころよく引き受けて頂き、私は夢でもみているかのような感覚になったことを覚えている。  ファーストコンタクトはある喫茶店で商品説明などを行う予定で集まったのだが、私自身グランツーリスモを初代からプレイしている大ファンで、ライブ配信で世界選手権を観て、手に汗握る接戦やチャンピオン獲得したシーンなどで幾度も感動を与えてもらった2人の選手を目の前に、肝心の商品説明をあまりできずに、当時のレース攻防状況や他海外の選手の当時の様子・リアル車好きのことなどを質問攻めにするイチ・ファンになってしまっていた。  そして、お互いが車好きということもあり、ほんの少しだけ打ち解けて頂いた(私だけの片思いだが笑)ため、後日リアルサーキットでの走行会に招いて頂いた。当然断るわけもなく、ウキウキで参加する事になる。そんなファーストコンタクトでは、お二人に感謝申し上げて、EarTouchの事はほとんどソッチノケにして、後日商品の感想を伺うことでその日は終わった。     3....
続きを読む
【×入らない(懐なし)】について

【×入らない(懐なし)】について

Q:「ふところ」とはなんですか?     「懐(ふところ)」とは、イヤーパッドとヘッドホン本体の隙間(すきま)のことです。カバー生地を安定させて伸縮可能にするために中心芯材を懐に固定します。  どんな仕組みなのか見ていきましょう。      1.カバー固定方法について   上の図はカバーの中心芯材の位置を示しています。EarTouchはこの中心芯材で安定的に固定できることが、最大の特徴のひとつです。この中心芯材は、ヘッドホンのイヤーパッドとヘッドホン本体(ドライバ側)の隙間(=これを懐(ふところ)と呼んでます)に挟んで固定します。   2.懐(ふところ)での力の関係  上図は中心芯材が固定されている様子を示しています。 イヤーパッドとヘッドホン本体(ドライバ側)の隙間(=ふところ)に中心芯材を挟み込むと、力の関係は生地の引張力を芯素材の強度で相殺、若しくは上まる様に設計されています。素材は硬すぎても柔らかすぎてもいけません。握力の弱い方でも容易に水平面方向に曲げることが可能で、しかし生地引張力に負けない素材強度を備えておく必要があるのです。その条件を満たして初めて成立するカバーになっています。(特許出願済)   3.懐(ふところ)とは   あらためて懐(ふところ)を定義すると、イヤーパッドとヘッドホン本体(ドライバ側)の隙間となります。  この懐(ふところ)が無いヘッドホンの場合、イヤーパッド内側円周サイズにキッチリと収まるようなサイズの中心芯材を用意する必要があるため、ヘッドホン毎に専用設計になります。  ※ユーザー様ご提供写真(懐の無い様子)Skullcandy CRUSHER 360 :ありがとうございました!     4.まとめ  今後、懐のないヘッドホンについてユーザー様からのご要望が多いものについて設計し受注生産として皆様にお楽しみ頂けるように開発を進めてまいります。  以下のフォームよりご応募お待ちしております。   {formbuilder:57184}  
続きを読む
PIONEER SE-MS9BN に全サイズを着けてみた

PIONEER SE-MS9BN に全サイズを着けてみた

 1.今回のヘッドホン メーカー:PIONEER名 称 :SE-MS9BN色   :GOLD価 格 :約16,500円 (価格.comより)  2.サイズ A)外周長  :約296.0mm B)内周長  :約163.0mm C)パッド周長:約66.0mm適合表では⇒M70  3.ボタンなどの位置 右側:なし 左側:電源、音量、接続、microUSB、stereoジャック  4.特徴 タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:  有線時:5Hz~40kHz/Bluetooth  接続時:5Hz~22kHz ハイレゾ:○ (価格.comより)  5.装着してみる! ①M55     ②M70 中心芯材のサイズも適度にマッチしており、パッド周囲の厚みをうまくキレイにカバーしてくれています。外周の固定テープの幅が6mmですので、見た目にもとてもマッチしており、まるで何も着けていないようなデザインを醸し出してくれています(^^)しかしながら生地はサラサラなので、長時間のヘッドセットがとても快適になり、音楽をずっと楽しめます♪ カバー生地がピッタリフィットしているものをお選びください。▶カバーをキレイに付けたい!という方はこちらで段階毎に詳しく説明しておりますので御覧ください。 ⇒「ヘッドホンカバーを華麗に装着する8step」      ③L70 L70サイズは中心芯材が大きいのですが、イヤーパッド部分の内側ふところが深いため、うまく挿入することができました。こちらもM70と同様に、キレイにフィットしております。L70の外周固定テープの幅は9mmなので、少し主張したい!という場合は、こちらでも問題なく装着することができます。もちろん、さらさら・消臭なので長時間ヘッドセットは快適です♪...
続きを読む
EarTouchの特徴

EarTouchの特徴

1.気になりませんか? ・ ムレ・ベタつき・ニオイが気になる。・ パッドを保護したい。・ テレワークでヘッドセットの時間が増えた。  他にも、 ・イヤーパッドの合皮の劣化が気になる。 ・イヤーパッドの細菌繁殖が気になる。 ・ゲーミング中の汗の付着によるニオイが気になりだした。 ・出勤や出張の移動中にヘッドホンをよく使う。 2.EarTouchを使うと、  ○ さらさら・快適でムレ・ベタつきがなくなります。○ 高い消臭機能で、ニオイもおさえられます。○ イヤーパッドの劣化の進行を遅らせられます。○ ベタつきを気にせず、仕事やゲームに集中できます。  他にも、 ・手洗いできて、清潔を保てます。 ・パッド部分をカバーするので、音質にほとんど影響を及ぼしません。 ・5サイズ展開で様々なヘッドホンに対応。 ・内部センサーの機能阻害はしません。 ・ボロボロのイヤーパッドにカバーして、快適に使えます。 3.理由  「生地はトリノクールで気持ちいい! 」 (※トリノクールは東レの登録商標です)  特徴① 高い伸縮性(3D方向に自在に伸縮) 特徴② 吸汗速乾性  特徴③ 高い消臭機能(消臭繊維使用) 特徴④ 手洗い可能  特徴⑤ 国産製 トリノクールの特徴 高性能生地のトリノクールとは  トリノクールは、特殊断面ポリエステルと消臭ポリウレタン繊維を組み合わせた高機能性ストレッチ素材です。多彩な機能性を保持しながら、高い発色性としなやかな風合いで、インナーからスポーツ、資材に至るまで、幅広くサポートします。 トリノクールの利用事例 ・アウターウェア 使用用途 ジャケット・ボトム・スカート etc.....
続きを読む